WEBUNlog

のりもの、たべもの、いきものと

はるのげんかいりょこー みっかめ

 旅行3日目、3/2です。

 

 八幡浜からフェリーで別府にわたります。

f:id:WEBUN:20170302205417j:plain

 そして別府に着いてから完全ノープランっぷりが大きく出ます。

 まず、この日使用予定のきっぷは亀の井バスのMyべっぷFreeミニの1日版(学生)。しかし、これはバス車内で売っていたり、ICカードに載せたりするものではなく、窓口売り。なので、窓口に行かなくてはなりません。

 売っている窓口のうち、別府交通センターが開くのは8時から、別府駅観光案内所は8時半から。ここで、私は何も調べずに直営の窓口である北浜バスセンターに行くことに。とよのくにノンストップの始発も6時には出ているし、そこならば8時より前には開いているだろう、という想定でした。

 しかし、途中ジョイフル京町店で朝食をとってバスセンターに着くと……

f:id:WEBUN:20170302210428j:plain

 閉まっていました。

f:id:WEBUN:20170302210533j:plain

 しょうがないので結局交通センターまで戻り、そこできっぷを購入してバスで鉄輪へ。「ぐるっと」という系統愛称がつけられているようです。

 

 正直港とバスセンター往復して少し足が疲れていたので、足湯を探すことに……

 しかし足湯は11時オープン。6時半から開いていた足蒸し、というもので足をあっため、近くを散策。しかし朝早くてほとんど開いていませんでした。

 

 

 結局すぱっとで別府駅まで戻って観光案内所で情報を仕入れることに。最初っから駅で待ってろ。

 情報を仕入れた後は、サファリ行きのすぱっとで鉄輪に戻り……

 と、その前に腹ごしらえです。経験的に腹減った状態で鉄輪温泉突っ込んだら観光地料金の店に入ってしまうに違いないので、別府に戻る最中に見かけたジョイフル別府鶴見店へ。早めの昼食をとりすぱっとで鉄輪方面へ。

 

f:id:WEBUN:20170302211912j:plain

 来たすぱっとがたまたまサファリ行きだったので、鉄輪をスルーしてそのまま海地獄前まで乗ります。この路線、明らかに観光路線にもかかわらず地元のお客さんがかなり目立っていました。しかし外装や案内表示のどこにも「すぱっと」の文字が見えません。この愛称浸透させる気があるのでしょうか……

 そして海地獄前から地獄めぐり。海地獄・鬼石坊主地獄・かまど地獄・鬼山地獄・白池地獄を通り、鉄輪まで降りてきます。

 残りの2つの地獄は、少し離れた場所にあるので、そこにいたサファリ行きのすぱっと

f:id:WEBUN:20170302212653j:plain

 ……ではなく、亀川駅方面行のぐるっとに乗ります。

 

 そして残る2つ、血の池地獄と竜巻地獄を巡り、鉄輪行きのぐるっとで鉄輪へ。

 

 そして鉄輪でサファリ行きのすぱっとに乗り換え、明礬温泉へ

 

f:id:WEBUN:20170302213822j:plain

 

 行けませんでした。なんとここでMyべっぷFreeを紛失するというミスをやらかしました。仕方がないので、明礬温泉行きを諦め、鉄輪待合所で行程を練り直します。ここから先は、徒歩のみの移動で、別府駅近くの宿まで戻らなくてはいけません。

 そこでわたしは、鉄輪から南下し、ラクテンチまで行くことにしました。途中激しい雹に降られるなどのトラブルもありましたが、無事ラクテンチへ。

f:id:WEBUN:20170302214203j:plain

f:id:WEBUN:20170302214235j:plain

 ラクテンチケーブルを撮影しました。本当は上まで行きたかったのですが、想定以上に時間がかかったのと起伏の激しい土地で足が限界だったのもあり、無念の撤退。これは再履修が必要ですね。

 話はそれますが、これだけ起伏の激しい土地だと明らかに観光路線であるようなすぱっとに地元のお客さんがかなり目立っていたことにも頷けますね。

 その後、近くにあったジョイフル青山店で夕食をとり、宿泊先へ。よっかめに続きます。

 

 

 余談ですが、最後に立ち寄った別府駅西口のターミナルでサファリ行きのバスが1日5本しかないことに初めて気が付きました。その割には順当に行けば3本も乗ることになっていたので、これは亀の井バスからの「サファリまで行こうや」というメッセージでしょうか。ラクテンチも再履修しなきゃいけない感じなので、次に別府に来たときは大変そうですね!